千葉県野田市発【A lean figure】にインタビューしました

八千代周辺で活動するさまざまなアーティストやお店を紹介する次世代ライブハウス主導型メディア「PUSH PUSH!!」のインタビューシリーズ、アーティスト編!

今回は2月にPLAYGROUNDにも出演いただいた千葉県野田市発【A lean figure】のドラム、大地さんにインタビューさせていただきました!

【A lean figure】とは

千葉県野田市発3ピースロックバンド【A lean figure (ア リーン フィギュア)】

柏Thumb Upにて行われた予選を勝ち抜き、2019年8月第11回「ライブハウスとマスターピース」千葉代表として渋谷CLUB QUATTROに出演。

EMERGENZA2020の準決勝にも進出し、千葉で勢いのあるアーティストのひとつでもある。

インタビュー

ーまずは自己紹介をお願いします

千葉県野田市発、A lean figureのドラムの大地です。よろしくお願いします。

ー普段は野田近辺で活動してるんですか?

都内でもよくライブをしていますが、柏あたりでも活動しています。去年まではライブは月2本くらいのペースでやっていましたが、今年はライブ活動を抑えていく予定で動いています。

ー以前PLAYGROUNDに出演した時は、かなり感情的なライブに感動しました。

バンドとして、歌詞をメインにすることを重要視して活動しています。

どこのライブハウスでも、歌だけは歌詞がしっかり聞こえるようにPAの方には協力していただいてますね。

聞くひとの心に響くようなパフォーマンスや楽曲づくりを目指しているので、感動していただけて嬉しいです。

ー新型コロナウイルスの影響は大きい?

練習ができなくなったのが大きいです。4月に2本ライブがあったんですけど、ライブも全て中止になりました。EMERGENZAというアマチュアバンドコンテストの準決勝も予定されていたんですが、今年の大会は来年に延期になってしまいましたね。

ー来年になるんだ!1年も空くと熱が冷めちゃいそうだね。

EMERGENZAは予選〜準決勝〜決勝のそれぞれのスパンが長いので、去年の時点で熱が冷めちゃいそうになってました(笑)

10月に予選に出場したのですが、準決勝進出が決まって4月と聞いたときには、けっこう空くのでさすがに驚きました。

実はちょうど予選出場の時期に、今後の活動をどうするかメンバーと話し合っていたりしていたんです。それもあって、あまりEMERGENZAに力を入れていなかったのですが、まさか準決勝に行けるとは思っていなくて。

ーバンドとの向き合い方とか、今後の活動に関しては変化ありそうですか? 

活動は続けますよ!(笑)辞めないです。

この状況でメンバーと会えてなくて、深い話もあまりできていないのですが、今後どういう活動をしていくのかは、これから話し合いを進めていくところです。

去年は突っ走って活動をしてきたので、今年は少し落ち着いて計画を立てつつ活動をしていこうかなと思ってます。

ー作曲も止まってたり?

うちのバンドは作曲は全然問題ないですね。4月に1回だけスタジオに入ったんですけど、3時間のスタジオで1曲完成しました。ギターボーカルのさかさいがメインで作曲をしているんですけど、天才なんですよねー!暇さえあれば曲を作ってるんです。去年は1週間に1曲持ってきてたりしたので、ストックはたくさんありますね。原案はたくさん出てくるので、作曲に関しては全く影響ないです。

ー今後の活動について決まってることがあれば教えてください。

ひとつ目標点としてコロナ騒動が落ち着いたら、主催ライブを企画しようかなと思ってます。元々計画してたわけじゃないんですけど、自分の仲良いバンドとか呼んで楽しくライブしたいなと思って。今年のライブ活動自体も4月のEMERGENZA準決勝以降は予定していなかったので、まずはその企画ライブですかね。その時はPLAYGROUNDでお願いします(笑)

ーマジか!楽しいイベントにしましょう(笑)MVの楽曲「23歳」について聞かせてください。

野田市発ということで、MVは野田の土手で撮影しました(笑)

ー野田って土手が多そう。

いやーそんなことありますよ(笑)

MVを撮影した土手も、ギターボーカルのさかさいの家の裏なんです。駄菓子屋とか小学校とかのシーンもありますけど、すべてのカットを野田で撮影しました。

ー歌詞の内容も野田に関連してるのかな?

歌詞の内容は関係してないんですけど、コンセプトが「23歳」のタイトル通りで、さかさいが23歳の時に書いた楽曲で、社会的に23歳って大人だと思うんですけど、子供のような部分もあるけど大人の振る舞いをしないといけないですし、23歳の葛藤というか迷いを表現している楽曲です。

ーベースのオオサワくんが映るたびに、女性と勘違いして見てました。

女です!あ間違えた、本当は男です(笑)女だったらよかったんですけど。

絶対その話になるんですよね。「男・女どっち?」って。ここだけの話、MVでオオサワの映るカットだけ美肌効果のようなエフェクトをかけてるんです(笑)その影響もあるかと思います。メイクはそこまでやらないですけど、眉毛を書いたりくらいはしてますね。でも身長が178cmあるんで(笑)

ーみんな大きいよね!

ギターボーカルのさかさいは179cmって言ってたんですけど、この前測ったら180cmになってたみたいです(笑)俺も180cmあるので、3人でステージに立つと威圧感あるってよく言われます。中身は全然ないですけど(笑) 

ーMVの楽曲を見てくれる方々にメッセージをお願いします。

この楽曲に限らず、いまなにかで悩んでいる人たちに見て欲しいし聴いて欲しいですね。悩みはなんでもいいです。本当それだけですね。悩みを抱えている人たちに響くような楽曲ばかり書いてるので、その人たちに届けたいですね。「何かを感じてくれればいい」ってアーティストっぽいことを言っておきます(笑)

MV【23歳】

A lean figure「23歳」MV

【A lean figure】の詳しい情報はこちらをチェック!

-Twitter

https://twitter.com/A_lean_figure

-「23歳」ストリーミングはこちら

23 years by A lean figure
Album • 2019 • 3 Songs • 12 mins
タイトルとURLをコピーしました